HOME リンク お問い合わせ ENGLISH
JMIF(JAPAN MEASURING INTRUMENTS FEDERATION) 一般社団法人日本計量機器工業連合会
JMIFのご紹介 お知らせ 会員企業 計量計測製品データベース
ホーム > 国際標準化活動(OIML事業) > 事業内容
事業内容
審議体制
審議勧告・文書
国内委員会サイト(委員専用)
計量法・国際法定計量・諸外国の計量法
統計資料・規格・刊行物
講演会・セミナー
展示会情報
国際標準化活動(OIML事業)
環境への取り組み
はかる世界のあれこれ
会員向けサイト

国際標準化活動(OIML事業)

事業内容



  国際法定計量機関(OIML)は、法定計量制度をめぐる国際的な諸問題を解決するため、加盟国がその遵守について道義的責任を負う勧告文書や、遵守義務はないものの加盟国に指針を与えるための文書を発行しています。これらの文書(以下、勧告文書等という)の案は主にOIMLに様々な懸案ごとに設置されている技術委員会(TC)、小委員会(SC)およびプロジェクトグループ(PG)等で検討が行われています。
  我が国がこれらの勧告文書等を踏まえ、法定計量について適切に国際整合化を図っていくためには、これらの勧告文書等の案の段階で内容を精査し、対処方針を策定するとともに、可能な限り、勧告文書等の案に対し我が国の意見を反映させていくことが必要です。
  このため、OIMLのTC、SCおよびプロジェクトグループ(PG)などで検討が行われている勧告文書等の案について、対処方針の策定、我が国の意見決定等、必要な措置を講じるための専門家等を交えた審議を行うとともに、関連する国際会議に出席し、我が国の意見反映に努めます。また、これらの勧告文書等が策定される国際的な背景や、勧告文書等の技術的内容等を調査するための海外調査を行うとともに、海外専門家の招聘を行います。
  これらを通じ、我が国法定計量制度の国際整合化、ひいては我が国における正確計量の確保に資するものとします。
  なお、上記勧告文書等には、必ずしも我が国現行計量法の規制対象ではない事項も含まれていますが、我が国における正確計量の確保に資するとの観点から、規制対象分野を優先しつつ、そのような問題についても、適切に対応します。

  報告書
  諸外国の計量法
  包装商品関連の資料





↑このページのトップへ