HOME リンク お問い合わせ ENGLISH
JMIF(JAPAN MEASURING INTRUMENTS FEDERATION) 社団法人日本計量機器工業連合会
JMIFのご紹介 お知らせ 会員企業 計量計測製品データベース
ホーム > 国際標準化活動(OIML事業)
事業内容
審議体制
審議勧告・文書
計量法・国際法定計量・諸外国の計量法
統計資料・規格・刊行物
講演会・セミナー
展示会情報
国際標準化活動(OIML事業)
環境への取り組み
はかる世界のあれこれ
会員向けサイト

国際標準化活動(OIML事業)

法定計量国際化機関勧告審議調査事業


 OIMLで採択された国際勧告は、各国の技術基準に採用されることになり、日本においても計量法等に反映されます。

 貿易の円滑化、国際取引の公正化には、国家間で承認し合った基準が大きな役割を果たしており、〔国際法定計量機関(OIML)〕国際勧告もその一つとして重要視されています。
 国際的な基準整合化が進む中、国内の規制についても国際ルールを基本とする、国際化への見直しが検討されています。
 国内基準の国際化を進めるうえで、国内基準が不利益を生じないようOIML国際勧告草案等の策定に対し、関係の皆様より広く意見を伺い、国内意見を取りまとめ、日本意見の反映に努めるとともに、OIML国際会議に積極的に出席し、勧告草案等の動向を把握するため、経済産業省の委託を受けて「法定計量国際化機関勧告審議調査」を実施しています。
 検討中のOIML国際勧告案等に対するご意見を受け付けています。検討中の国際勧告案等及び意見の提出方法は、審議勧告・文書をご覧ください。

事業内容 審議体制
審議勧告・文書  


↑このページのトップへ