HOME リンク お問い合わせ ENGLISH
JMIF(JAPAN MEASURING INTRUMENTS FEDERATION) 一般社団法人日本計量機器工業連合会
JMIFのご紹介 お知らせ 会員企業 計量計測製品データベース
ホーム > お知らせ > 海外の化学物質規制のトレンド及びchemSHERPAの活用について― 環境セミナー開催のご案内 ―
計量法・国際法定計量・諸外国の計量法
統計資料・規格・刊行物
講演会・セミナー
展示会情報
国際標準化活動(OIML事業)
環境への取り組み
はかる世界のあれこれ
会員向けサイト

お知らせ

海外の化学物質規制のトレンド及びchemSHERPAの活用について
― 環境セミナー開催のご案内 ―


 製品中の化学物質管理においては国内の法令はもとより、欧州をはじめとした海外の規制動向について把握しておくことが重要となります。また、サプライチェーンにおける製品含有化学物質情報を開示・伝達する仕組み(chemSHERPA)の導入が推進されており、chemSHERPAの概要を理解するとともに、社内の管理体制の構築、調達先への説明・指導等に取り組む準備をする必要が生じています。
 そこで本会では、日本ユニシス・エクセリューションズ鰍フ協力により、下記のとおりセミナーを開催することといたしました。
 ご多用の折ではございますが、多数ご参加いただけますようご案内いたします。


日  時2019年12月3日(火)13時30分〜17時(開場13時)

場  所日本ユニシス株式会社 本社セミナールーム
東京都江東区豊洲1-1-1  TEL:03-5546-4111
案内図:https://www.unisys.co.jp/com/location/honsha.html

【講演1】 海外の含有化学物質法規制のトレンド
 〜 RoHS指令/REACH規則の振り返りと今後の展望 〜

各国で化学物質法規制が強化されている情勢の中、EUのRoHS指令やREACH規則を中心に、成形品を対象とした製品含有化学物質規制も例外ではなく、頻繁に対象物質の追加や適用除外用途の見直し等が実施されています。
本講演では、EUおよび主要国の成形品を対象とする製品含有化学物質規制について、この1年の変化の振り返りを行うともに、今後の展望をご紹介します。

講  師(一社)東京環境経営研究所 執行理事 井上 善一氏


【講演2】
chemSHERPAの概要説明 とシステムによる業務課題解決について
経済産業省が製造業サプライチェーンでの含有化学物質管理に関する情報交換のための共通化を行い、推進・普及を行っているchemSHERPAについての説明をいたします。
国際規格 IEC62474の規格改訂を受けて2019年9月に改訂(Ver.2)されました。変更点や運用に関する留意点等についてもご説明いたします。 あわせて、システムによる業務課題解決(リスク管理・作業効率化)についてもご紹介いたします。

講  師日本ユニシス・エクセリューションズ(株)
営業統括本部 アドバンスビジネス営業部 部長 宮尾 祥二氏

参 加 費お一人6,000円(税込み)/申込書到着後、請求書をお送りします。

申込締切2019年11月26日(火)




以上






↑このページのトップへ